2015年II期 2-4

ドイツ再統一25周年
ドイツ東部のくらしと自然

コース概要

担当教員 辻 英史・杉戸信彦
日程 2016年3月12日~22日
場所 ドイツ連邦共和国(東部)
参加人数 25名

コースの狙い

●すでに地図から消えてしまった国=東ドイツの痕跡を探す。その歩みはどんなものだったのか。なぜ消えた?
●再統一後の25年間でドイツはどう変わったのか。現在どんな問題を抱えているのか?
●戦後ドイツ70年の歴史の歩みを振り返る。
●日本やアジアの今後を考える手がかりはどこかにないか?

内容

●まちづくり、エネルギー問題、住宅問題など、現在のドイツの状況について、現場の声を聞くことができる(通訳つき)。
●現地の人たちと交流する(英語/日本語その他何でもあり)
●ドイツのくらしを体感できる→宿泊はユースホステル、鉄道で移動、食事は分散して各自レストランへ、夜はコンサートなどオプションプログラムあり